くりえいと
@kurieight
2020年 霊的自己と出会いましょう。
外部事象が悪化している。民衆の期待とは逆に、戦時国家化・独裁国家化が進んでいる。
311原発事故対応でも、日米貿易協定FTAの可決でも、いまや国会は機能せず、政治は翼賛体制だと証明された。去年は台風洪水が酷かったが、政府の行動は遅きに失し、さりとて新聞テレビも完全に統制されて政権に不都合なことは一切報道しなかった。
現在、差し迫る異変では以下の可能性がある。
①関東に大地震
②中東戦争開始
③金融停止 預金封鎖
これらは2020年を迎える地球にとって、どんな意味があるのだろう。かつて311では津波実況映像に飛翔するUFOが映っていたが、事前事後の監視をしているようだった。いま、年末の東京上空では多数の方々がUFOの動画をツイートしている。今回のUFOは、何かの警告を発しているのだろうか。
このように、外部事象の変化はみんなが気にしている。さて、これらの外部事象と「覚醒」との間にはどんな関係があるのだろうか?それがわたしからの問題提起である。
外部の事象を歴史的に辿り、かつまた偽旗事件などを暴けば暴くほど、偽ユ夕‘‘ヤの暴挙に呆れ、どこまで続くぬかるみかと辟易し、かつまた監視カメラでの個人認識やマイナンバー追跡、ワクチン強制チップ管理、アメリカ支配など「何をしても無力」という諦念に襲われるわけだが、はたして、それでいいのだろうか?
そこで、わたしは問う。覚醒とはなにか?を。覚醒とは偽ユ夕‘‘ヤの外部陰謀を暴くことなのか、米国や奴隷日本政府などの外部権力を暴くことなのだろうか?それをしてアカウント凍結、記録削除などネット社会から抹殺されてしまい、さらにそこに怒りを感じる事、はたしてそれで覚醒が起きるのだろうか?
皆さんに問うが、外部事象は「呼び水」であって、覚醒の対象ではない。覚醒すべきは私たち内部の、真の自己に対してであって、私たちが目を向けるべき真の対象は外部陰謀や外部権力ではない。これらは私の内部がどう反応するかを導く「呼び水」にすぎない。
外部事象は時代によって立場によって変化する。釈迦は王族の身分を外部事象と見定めると身分を捨てて、出家という「内部探求の旅」にでた。鴨長明は神社を継げなくて庵に隠れ住んだが地震のさまを客観して、「内部探求の暮らし」を営んだ。当時の外部事象は、真の自己を探すための呼び水だった。
戦国の武将にとって合戦が外部事象なんだろうが、そんなものいくらやっても無駄だと達観し、合戦に近寄らない無名の武士もいただろう。しかし、そのような者は歴史に残らない。それでいい。外部事象は彼そのものの実在とは、関係のない代物。それは虚仮であるからだ。
先の世界大戦のときには、国民すべてが鬼畜米英を叫び好戦的になったが、それは外部事象にすぎず、そんなものは覚醒となにも結び付かない。戦争に熱狂し、戦死に悲嘆し、爆弾に逃げまどい、虚仮という名の仮想現実に振り回されるのが関の山であった。仮に戦犯が誰であっても、戦犯を断罪したとしても、そえは外部事象であることに変わりはない。
経済復興に浮かれ、皆が経済活動にいそしんだ時代が暮れなずむ。小子高齢化で経済が回らなくなれば、外人を呼び込み、なんとか経済を動かそうと躍起になる。それが今である。これも外部事象にすぎず、経済金融と覚醒には何の関係もない。ただそれは覚醒に目を向けるための、呼び水にすぎない。
さあ、これからどんどんと外部事象の激化が進む。安定は去り、成長は止まり、生命は危険に直面する。財は消え、立脚する基盤そのものが傾く。外部事象はこうして激変するのだ。だから、ここから我々は何を覚醒するのか。
外部事象を受けてどう感じたかの実体が「真の自己」である。
そこで気づくことは、外部事象はあくまでも虚仮のフィルムショウみたいなものだと見破ることだ。どんなに生命財産に関与してきたとしても、外部事象は真の自己の暗部を投影した幻に過ぎない。したがって外部事象は、真の敵でもなく、真の分析対象でなく、真の到達実現目的でもない。それは呼び水なのだ。

では、真の自己とはなにか?それは「霊的自己」である。

 ★

 

肉体として生まれる以前から転生してきた本体が「霊的自己」だ。肉体が死に絶えても、永遠に存在し続ける実在こそが、「霊的自己」である。したがって、我々は外部事象の呼び水で「霊的自己」を呼び醒ますのだ。それが人生の旅の目的である。

 ★

 

道元が座禅だけをひたすらしなさいと教えたのは、座禅で外部事象と自分を切り離すためである。しかし覚醒の教科書はない。先生がいるわけでもない。しかし座禅で得る何かが存在し、それが目的となっている。目的は外部事象の中ではなく、到達する先は内部にある。そこに在るのが「霊的自己」である。

 ★

 

これからは、外部事象に何が起きるか予断を許さない。大地震、台風、飢饉、銀行封鎖など、激化する突発事態がいつ起きても不思議ではない。だから、それに一喜一憂しないことだ。それに喜怒哀楽のスイッチを与えないことだ。あなたはあなた。その淵源が「霊的自己」に在る。そこを発見しなさい。

 ★

 

言っておく。外部事象そのものに固有の意味があるのではない。外部事象は多様な解釈を突き付けてくるだけだ。わたしの深層意識に恐怖があれば、外部事象を見たとき「恐怖」を呼び戻される。わたしはそれゆえに外部事象を呼び水にして、「それに恐れる自己」と出会い、その自己を認め赦していける。

 ★

 

外部事象が、社会的弱者に炊き出しをする歳末年越し場面だったとする。わたしの深層意識に奉仕があれば、その外部事象を見たとき「尽くす喜び」を呼び戻される。わたしはそれゆえに炊き出しの外部事象を呼び水にして、「尽くす喜びを広げたい自己」と出会い、その自己を認め赦していける。

 ★

 

ここで、改めて講釈を加える。「霊的自己」とはどんな意識体なのか、の解答である。外部事象に意味を見いだす主体。それが「霊的自己」である。ただし、その「霊的自己」は、最初は虚像であることが多い。「霊的自己」の表面に自我という意識体がまとわりついており、自我が「霊的自己」を覆っているからだ。

 ★

 

だから座禅では、思い浮かんでくるすべてを「ただ、じっと、みつめなさい」という。評価など下してはならない。評価したり反省したりする前に、まず思い浮かぶ感情の主体をみつめる。感情は霊的自己を覆っている「自我」が巻き起こす。だから最初は「ただ、じっと、みつめる」だけでいいのだ。

 ★

 

しかし、ただじっとみつめる所作は、とほうもなく難しい。即効性もない。何がどう変化したかもわからない。座禅の回数と時間だけが過ぎていくようにみえるだろう。しかし、あなたは留まってはいない。確実に自我の層を突き抜けて、霊的自己の淵源に近づいて行っているのだ。

 ★

 

もっとわかりやすくいうと、ただじっと感情を観察すること、思い浮かぶ雑念を観察すること、その観察者たる意識こそが、最高に重要な意識なんだ。この物静かで、存在感が希薄で、小さな小さな存在こそが、わたしの霊的自己そのものである。そして、ハイヤーセルフでもある。

 ★

 

さあ、2020年がやってきた。8年目になる。宇宙的には2012年でエネルギー波動の分水嶺を越えたわけだが、残念ながら地上第三密度領域に反映されるまでには時間がかかった。8年にもなれば、もちろん外部事象はさらに混沌の度が進むだろう。

 ★

 

そして、いまだから伝えたいことがある。わたしはここ10年以上、アセンション実践倶楽部を発信してきたわけだが、出会っても通り過ぎてしまう人が多かった反面、ここにきて多くを語らなくても分かりあえる人との出会いがあるんだ。機が熟し、霊的自己同士が呼び合うように再会するのかも知れない。

 ★

 

この世では霊的自己たちは距離に隔離されて、肉体に幽閉されて、時間軸も異なり、そうそう再会することもない。したがって、霊的自己たちの孤独感は深く、この人間社会では分かりあえることすらできない、と途方に暮れていた。そういう霊的自己同士が再会するのだ。

 ★

この第三密度領域で、霊的自己たちが再会するときほど、「生きていてよかった」と思えることはない。人生をふりかえって、影響を受けた恩師、そんな方々との出会いもまた霊的自己と霊的自己との再会であったのだと、取り戻せない過去を振り返り感謝する。わたしも帰幽した恩師たちの年齢に近づいてきた。

 ★

 

だから、これから起きる外部事象の急峻化・過激化は、わたしたちの霊的自己とは何の関係もないとはっきりいえる。それは呼び水にすぎない。むしろその過激な様相に感情を振り回されることなく、いまここで出会う霊的自己の盟友たちとの交流を慈しんだらいい。そして霊的自己の旅を味わおう。地上はこんなにもトリックに満ちている。でも、なんだか愛おしい。そうだ、おなじ生きているからだ。

  2019-2020 節目に くりえいと

Contents Day
●【速報】五次元の行き方、つくり方。座談会アーカイブ 2019.08.01
●【essay】人間型ゲシュタルトの本質。普遍意識⑳ 2019.05.03
●【essay】人間型ゲシュタルトとは?普遍意識⑲ 2019.05.02
●【essay】人間型ゲシュタルト「切断」。普遍意識⑱  2019.05.02
●【essay】人間型ゲシュタルトからの覚醒。普遍意識⑰ 2019.05.02
●【essay】人の進化の向かう先。普遍意識⑯ 2019.05.02
●【essay】自己中の、悪魔。普遍意識⑮ 2019.05.02
●【essay】悟りのワナ。普遍意識⑭ 2019.05.02
●【essay】死と覚醒。普遍意識⑬ 2019.05.02
●【essay】意識拡大とは?普遍意識⑫ 2019.05.02
●【essay】地球人は、洗脳人。普遍意識⑪ 2019.05.01
●【essay】外にはない、内にある。普遍意識⑩ 2019.05.01 
●【essay】普遍意識って何だ?普遍意識⑨ 2019.05.01 
●【essay】尺度としての普遍意識。普遍意識⑧ 2019.05.01 
●【essay】感情の、操縦桿。普遍意識⑦ 2019.05.01  
【essay】尺度が、感情を生む。普遍意識⑥ 2019.05.01 
【essay】感情とは何か?普遍意識⑤ 2019.05.01 
【essay】怒り、どちらが悪いのか?普遍意識④ 2019.05.01
【essay】「怒り」を覚えた発端。普遍意識③ 2019.05.01
【essay】どんどん目覚めてく。普遍意識② 2019.05.01
【essay】普遍意識への道のり。普遍意識① 2019.04.16
●【近未来】 新生地球に、こうやって参入する。 2019.03.10
●【近未来】FASE;3  転換後に向けて 2019.01.15
●【近未来】FASE;2  2018.12.31最新動向。 2018.12.31
●【近未来】FASE;1  2018年12月23日-25動静。 2018.12.25
●【速報】世界恐慌、始まる。 2018.12.23
●【速報】ある童話作家の引き寄せあい。 2018.11.29
●【速報】アセ実オフ「耳からウロコ」in難波屋11/18 2018.11.04
●【速報】金融崩壊から霊性のめざめへ。 2018.02.12
●【速報】2018世界金融崩壊 2018.03.01
●【物語】犬と鳥の童話。 2018.01.29
●【速報】ステージが変わった。 2018.01.07
●【速報】惑星X、NASAが世界発信? 2017.02.23
●【速報】2017、1、激変オフ会のご案内。 2017.01.07
●【速報】ポールシフト、惑星xの影響。 2016.12.12
●【速報】連動して向かう先の、滝。 2016.11.28
●【速報】ドイツ銀行破たんの足音 2016.09.28
●【速報】北海道台風...、気象激変の主因に迫る! 2016.09.19
●【速報】7月は、仕込みてんこもり 2016.07.29
●【速報】暴動、テロ、クーデターの2016夏 2016.07.16
●【特集】長野・阿智村・畑オフ2(2016) 2016.07.13
●【twit】世界金融、破裂寸前 2016.05.16
●【twit】日本的霊性と日本語 2016.04.28
●【twit】地震の今後 2016.04.26
●【twit】阿蘇ケンゴマン語録2 2016.04.26
●【twit】阿蘇ケンゴマン語録1 2016.04.26
●【twit】歴史の嘘、未来の真実 2016.04.20
●【速報】九州、大激震。 2016.04.18
●【twit】キアッソ米国債事件 2016.04.12
●【twit】覚者/マイケル・ジャクソン 2016.04.11
●【twit】見えるか、ニビル(惑星X) 2016.03.18
●【twit】概念の再統合 2016.03.18
●【速報】虚飾の道化師 2016.03.18
●【twit】ミニ共同体 2016.03.11
●【twit】第3の眼の開眼について 2016.03.11
●【twit】メッキが剥がれ、争い合う人々 2016.03.11
●【twit】自給共同体と、仲間について 2016.03.01
●【twit】預金封鎖は、公務員を守るためにある? 2016.02.29
●【速報】株式市場、ますます不安定化。 2016.02.12
●【速報】クライマックスは、3月以降か。 2016.02.10
●【速報】日本、マイナス金利。イタリア、預金取り付け。 2016.01.30
●【速報】ついに来た、金融、首都、同時メルトダウン。 2016.01.16
●【twit】2016、いきなり6連続暴落。 2016.01.16
●【身魂磨】内観の方法。 2015.12.28
●【身魂磨】心のお洗濯、その方法。 2015.12.26
●【twit】増える、モラハラ。 2015.12.25
【twit】ジャンク債から、終わりが始まる。 2015.12.24
【twit】4号機に学ぶ。 2015.12.21
【twit】なぜ死刑はいけないのか。 2015.12.18
【twit】魂は死後も、生きています。 2015.12.18
【twit】あなたは永遠の魂を持った旅人。 2015.12.18
【twit】ついに、米国・利上げ。 2015.12.17
●【商品】アセ実農園産、鳴門金時、販売中。 2015.12.07
【twit】世と、気の合う仲間と、耕作と。 2015.12.07
【twit】これからの金融情勢。 2015.12.07
●【速報】東京、地下熱。 2015.12.06
【農】混沌化に農で備える 2015.11.26
【twit】第3次世界大戦がスタートしているようだ。 2015.11.25
【twit】目を醒ましてみよう。 2015.11.25
●【速報】ふらんすで、てろ 2015.11.15
●【速報】凪いだ秋。 2015.11.02
●【移住】格安賃貸・売却物件 2015.11.02
【twit】ドイツ銀行が破綻したら、どうなるのか? 2015.10.20
【twit】デフレ原油安、資源安で何が起きるのか? 2015.10.19
●【twit】愛のある世界づくり。 2015.10.16
【農】実践農園、さつまいも収穫2015 2015.10.16
●【twit】2015.11、アメリカ・デフォを読む。 2015.10.16
●【twit】本当の自分とは、なにか? 2015.10.15
●【twit】輪廻、転生、を卒業する。 2015.10.15
●【速報】肩すかしのような9月。 2015.09.30
●【twit】消えたか?ケーブル火災。 2015.08.28
移住世界 移住先候補 2015.08.26
【速報】世界金融メルトダウン 2015.08.25
【速報】桜島、噴火警報発令!レベル4 2015.08.15
【速報】言語信用の崩壊 2015.07.28
【twit】先物商品が暴落し、株式市場が崩壊する 2015.07.28
【twit】連続ドラマ「ギリシャ デフォルト劇場」 2015.07.09
【速報】中国株、暴落中。 2015.07.08
【速報】箱根、噴火。 2015.06.30
【速報】世界、デホ祭り 2015.06.30
【twit】ギリシャ預金封鎖と影響 2015.06.29
【速報】ギリシャの、「バンザイ」。 2015.06.22
【twit】遺伝子異常、障害児だらけの時代に。 2015.06.18
【特集】長野・阿智村・畑オフ 2015.06.18
【農】美しき、イモねぇちゃん 2015.06.18
【twit】どうなる、ギリシャ? 2015.06.09
【twit】箱根、嵐の前の静けさ 2015.06.09
【大建替】富士 噴火と影響 2015.06.08
●【twit】 夏に、雪。 2015.06.05
●【twit】 地震、どう逃げる?どこへ逃げる? 2015.06.05
●【農】 実践農園じゃがいも堀り(2015) 2015.06.05
●【速報】 箱根、隠蔽されてます 2015.06.04
●【twit】 いつまでつづくのか 2015.06.04
●【twit】 世界的に国債売りが進む 2015.06.04
●【twit】 国の目的。 2015.06.03
●【twit】 核のごみ最終処分場『自治体向け説明会』 2015.06.03
●【twit】 小笠原海底地震の謎 2015.06.01
●【特集】 長野・阿智村・森田さん畑オフ 2015.05.30
●【速報】 小笠原西方沖、M8.5、深さ590キロ 2015.05.30
●【速報】 こんどばかりは、ギリシャ、デフォルトか 2015.05.29
●【速報】 口永良部島、大噴火

2015.05.29

●【身魂磨】 高橋信次氏の祈りを追加

2015.05.19

●【交流】 じゃがいも収穫まつりの告知

2015.05.19

●【twit】 ツイートのページにまとめて数点アップ

2015.05.19

●【速報】 箱根、活発化。

2015.05.16

●【twit】 統治システムの機能不全がおきる

2015.05.15

●【特集】 美しき緑の星【日本語字幕】

2015.05.12

●【速報】 箱根、地震と噴気。

2015.05.08

●【速報】 異変が、目に見えてきた

2015.04.28

●【速報】 関東でクジラ130頭が座礁

2015.04.10

●【twit】 支配者はなぜ、嘘で繁栄を演じるのか?

2015.04.09

●【速報】 スカイシャイン?

2015.04.09

●【速報】 世界の首都で停電

2015.04.09

【twit】 農耕を始める。満田凛さん

2015.04.07

●【twit】 人の核心と、心

2015.03.18

●【大建替】 惑星X

2015.03.12

●【速報】 ポールシフト、はじまる。

2015.03.11

●【twit】 亜悸さんの病床、そして死

2015.03.09

●【twit】 亜悸さんの転院、そして闘病

2015.03.09

●【移住】 風さんの庵 2013年 秋

2013.11記録

●【放送】 明石海峡にて 2013年・秋 動画を追加

2013.09記録

●【農】 実践農園 2013年・夏

2013.08記録

●【twit】 街から遠ざかり、山に近づいて、暮らす。

2015.03.06

●【twit】 亜悸さんの生き方、そして入院

2015.01.09付

●【twit】 森田修史さんの年頭所感より 2015.01.05付
●【速報】 世界の動き 2015.03.02
●【速報】 1月~2月の速報 2015.03.02
● トップページに動画を追加 2015.02.23
●【特集】 塩って大事  2015.02.12
●【特集】 竹で集い場。(瀬戸内海 「祝島」 にて) 2015.02.04
●【twit】 お金なしで生きていく準備を 2014.12.18

つながってる。

ひとは仲たがいしていたって、生き物は垣根を超えてる。

世の中が怒濤のように激変しています。

こころの平安を揺り動かされることのないようにしましょう。

サムシンググレートに生かしていただいています。

肉体を離れたあとも、意識は永遠に滅びることはありません。

銀河中心太陽から発せられる高次元のエネルギーを受け止め、大自然のすばらしい周波数と調和していく唯一の方法は、自然界に身をゆだねることです。


みずからを自然界の造物のひとつとして、生きとし生けるものすべてとおなじ地平で存在したとき、そこに人間だけが持つ煩悩という名の自我はなくなり、大自然からのインスピレーションを受け止められるのかもしれません。


支配するものと、支配されるものが存在し、そこに生命の収奪や加虐などのゆがんだチカラ関係が発生するとき、宇宙から満遍なく降り注ぐ高次元のエネルギーははね飛ばされ、われわれの分断された自我はますます分断を深くして孤立化し、ますます煩悩の命ずるままに私利私欲を追求し続け、やがて戦争にも向かわざるをえないでしょう。


わたしたちは、みずからの意思により、大自然の営みから分離してしまった自我を選択しないことができます。そして、小鳥や動物や昆虫とも同一の地平で、満遍なく降り注ぐ宇宙愛を選択し、受け止めることができるのです。


これは、イソヒヨドリのオスのようです。

剪定が終わって、お掃除をしているときに、飛んできました。

あまりに近づいたので、急いでビデオカメラをとりにクルマに戻って、撮影をスタートしました。

(暮れかかってきて、まだ掃除し残していたのでずっと野鳥と遊んでいるわけにもいかず、

かといってガサゴソとホウキで掃く音を立てても逃げず・・・。)

どうなってるんでしょうか???

場所はぜんぜん違うんですが、ジョウビタキとまためぐりあえました。

作業をしていても、コンニチハと寄ってきてくれます。

愛くるしい羽ばたきに、癒されます。

ウリ坊(イノシシ)です。ウリ坊というか、もう、親ですかね?

わたしのさつまいもを全部平らげた真犯人です・・・。

堂々としていますね~

垣根なんて超えたらいい、みんなおなじなんだって。